韓国の子供達の好物、そして大人も好きな「チャジャンミョン」


ただ今、韓国訪問中ですので、

何回かに渡り、韓国の話題をお届けします。

 

今回は韓国の食べ物・中華料理についてです。

 

 

 

韓国で中国料理というと、本場中国のものと
ずいぶん違います。

 

日本の中華料理も同様に日本人の口に合うように
本場のものとはまた違うので、
それぞれ、その国の人の嗜好に合わせて
変えられてるのは同じですね。

 

 

 

韓国の中国料理の中で、人気があり韓国の人達が
気軽に食べるものが、
「チャジャンミョン」と「チャンポン」。

 

チャジャンミョンは、子供達が大好きな
食べ物、いえいえ、大人も好きで、
中国料理と言えば、チャジャン(ミョン)か
(短く省略して、チャジャンと普通言います)
チャンポンと言っても過言ではないくらい
ではないかと思います。

 

 

辛いのが苦手で韓国料理があまり好きではない
うちの子供たちも、毎年韓国に行くと
食べたい、というものの一つが、
このチャジャンミョンです。

 

 

これはチャジャンとチャーハンがセットになったもの

この人気のチャジャンは、黒っぽいソースが
かかった麺です。

黒い色の正体は、チュンジャンという黒味噌。

 

豚肉、玉ねぎ、にんにく、しょうがなどを

細かく刻んで炒め、チュンジャンをベースに

チャジャンのソースが出来上がります。

 

お店により若干異なり、上にきゅうりやゆで卵が

載っていることもあります。

 

 

チャンポンはこちら。

真っ赤で、見ての通り、かなり辛いです。

下に埋もれていて見えませんが、こちらも麺です。

 

シーフードや野菜がたっぷり入り、美味しいのですが、
日本人にとっては、かなり辛いです。

 

長崎チャンポンの「チャンポン」と

語源は同じなのか…?
と思いますが、スープが全然違いますね〜。

 

 

 

そして、メジャーではありませんが、

ついでにこちらもご紹介しましょう。

 

こちらはチャンポンの辛くない版とも言える
「うどん」

日本のうどんとは全然違います。
(中華料理店でないところで、日本のうどんも
ありますが)

 

シーフードと野菜に卵も入り、美味しく、

なおりんもチャジャンと共に好きなのですが、
最近「うどん」がメニューにないところが多い
気がします。

 

うどんを食べる人が少ないからでしょうね。
うどんを食べるなら、辛味のある「チャンポン」を
選ぶのでしょう。

 

 

 

あと、これらの麺以外によく食べるのが、

タンスユクという酢豚です。

ポークと野菜が入っていますが、日本の酢豚と
またちょっと違います。

 

 

 

 

韓国人が好きな中国料理(?)、

好きでよく食べる食べ物をご紹介しました。

 

韓国に来たら、お試しを〜(^^)。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ