ベトナム旅行〜電車でダナンからフエへ。海岸沿いを走り、海、山の絶景!鉄道がおススメです


ベトナム中部の都市、ダナンからフエへの移動。

せっかくなので、ローカル電車で行くことしました。
電車で3時間。海沿いの絶景!海と山の素晴らしい

景色を見ながらの鉄道の旅です。

 

更に格安!
どの席に座ったらいいかもお教えします。

 

 

 

ダナン旅行は2回目。
日程が短いのですが、今回はフエにまで
足を伸ばすことにしました。

 

移動はどうするか…

 

電車の他にスリーピングバスというもの、
車をチャーターしていく一番楽な方法、
あるいはツアー。

 

義理姉さんたちは、英語もできず、全て
なおりんに任されている…ので
コース決めからホテルや交通手段まで
考えるのは、結構大変。
でも、どのように動くか考える楽しみもあります。

 

 

翌日戻る時はフエ→ホイアンに行くのですが、
ホイアンまでは電車がないので車をチャーター
するのでなければ、必然的にバスになるので、
ダナン→フエは、電車を使ってみることにしました。

 

 

電車のチケットはネットで予約できる…はずが…
前日に予約しようとしたけど、名前やパスポート番号を
入力した後、なぜか先に進めず予約できない…。

 

こちらがベトナムの列車のサイトです。
http://www.dsvn.vn/#/

 

今回は雨季で空いていた(?)けど、ピークシーズンであれば
事前に予約しておいた方がいいかもしれませんね。
(ちゃんと予約できればですが)

 

 

ダナンからフエまでは電車で3時間くらいかかりますが、
なんと、なんと66,000ドン(約330円)。

安い!!
しかもソフトシートで、もっと安いハードシートの
席もあるんです。

 

ちなみに、ハードシートは42,000ドン
寝台もあり、
6ベッド(たぶん3段ベッド)59,000ドン
4ベッド 80,000ドン

 

また、見ていたら、列車によっても値段が多少

違うようで、同じソフトシートでも、58,000ドン

もあり、72,000ドンというのもありました。

車両の新しさとかによるのでしょうかね?

 

 

まだ席はたくさん空いていたので、大丈夫だろう…。

予約できなかったので、やむを得ず、翌朝早めに行って

直接駅で買うことにしました。

 

 

ーーーーーーーーー

 

当日の朝、早めにチケット売り場に行き、

チケットを購入。

 

無事にチケットが取れ、良かった!

 

この↑写真を見る限り割と立派に見えますが、

ダナン駅は、田舎の小さい駅、という感じでした。

 

長距離列車が時々通るだけ?のようで、行った時、

ちょうど電車の出入りが終わったところだったみたいで、

外に出てみようとしたら、ドアを閉めてカギを

かけられしまいました。

電車が来る時だけ、ホームに出られるようです。

 

駅前に、こんな電車が置かれていました。

(ホームの方でなく、駅の前です。)

駅前で、こんなリヤカーに荷物をいっぱい積んだのが
通っていました。

駅には小さな売店のみ。

こんな、可愛くないコアラのマーチのパクリ

みたいのが売っていました。

1時間ほどあって暇ですが、外をウロウロするにも

荷物もあるし…

と、駅でウロウロしていると、

突然、ものすごい土砂降り。

雨季なので、こういうこともあるのですね。

外に出なくて良かった。

駅にも早めに来ていてよかった。たとえタクシーの

乗り降りで一瞬でも、びしょ濡れになっちゃうわ。

 

しばらくすると、止みました。

 

 

 

1時間ほど待ち、ようやく電車が来ました!

 

外に出ると、あれ?ホームは?

どうやら、下りて歩いて行って、乗り込むんだわ。

売店がずらりと並んでいて、売り込みをかけてきましたが、

すぐに電車に乗り込むのに買ってる時間ないよう~。

さっきホームに出られたら、ゆっくり見ることが

できたのに。

 

ソフトシートの席。

乗る込むと、かなり古い車両でした。

ソフトシートと言っても、まあ普通の席で、特別

クッションがいいとかいうわけではありませんでした。

ハードシートは、どんなだろう?

木かプラスチックの椅子かなぁ?

隣の車両だったんだから、見に行けばよかったと

今更ながら思います。

寝台車もなぜ見に行かなかったんだろう。

すれ違う他の電車の寝台車を外から見ただけで…。

見に行くんだったわ…。

 

ソフトシートは車両の半分は前向き、

半分は後ろ向きの席になっていて、

進行方向を向いて座りたかったので、そういう席を

予約しようと思ったけど、駅の窓口で勝手に

発券されてしまいました。

でも、座ってみて、進行方向だ!(1両目の方を向いてる)

と思ったのも束の間、反対方向に動き始めました…。

あらら…。

 

周囲を見ると、反対向きに座ってるのは、先に予約したと

思われる(あるいは窓口でその席にされた)西洋人たち

が多く、進行方向を向いているのは、事情を知っている

現地の人が多いように見えました。

 

それにしても、なおりん達、かなり早く着いたので、

進行方向の席、いっぱい空いていたはず。

というか、前日の夜、ネットで空席を見た限り、

進行方向を向いている席はかなり空いていました。

にもかかわらず、駅の窓口のおばさん、反対向きの

席にしたなー!!

 

 

ネットで予約する時の座席はこんな感じです。

(なおりんが乗った電車のは写真を撮り損なったので、

その数日後のものです)

予約するなら、33番~64番の方を予約してください。

見えますかね?(真ん中で区切られているところより

右側、上側です)

窓口で買うなら、これを見せながら、こっち側の席、

と言うといいかもしれませんね。

一応、どっちが前が確認しつつ。

 

それから、海が見えるのは地図を見れば予想が

つくように、進行方向右側です。

つまり、上の座席だと、61,62番の方でなく、

63,64番の方ですね。

これは、いい景色を見たいなら、絶対譲れませんよ~。

 

実は、なおりん達の席は、進行方向左側でしたので、

なおりんは、車両と車両の間に行き、そこの窓から

しばらく立って景色を見ていました。

 

この座席のことを知っていたら良かったのですが…。

 

それから、これは、電車によって違うと思うので、

なんとも言えませんが、窓ガラスに黒い小さい点々の

シートが貼ってある席と貼ってない席が半々くらいで、

貼ってあると、きれいに外が見えないので、ちょっと…

ですね。

これは、乗ってみないとわからないので、

運ですかねぇ…。

 

 

 

では、車窓からの風景をお楽しみください。

30分ほど走り、トンネルを抜けると、雪国…

のはずはなく、急に緑が深くなり、すぐに海と山の

景色に変わりました。

かなり海岸線近くを走ります。

 

カーブの時。乗っている電車の前方

ほんとに綺麗な景色でしたが、曇り空でこれですから、

晴れていたら、ほんとに綺麗だっただろうと思います。

ゆっくりゆっくり走ります。

3時間ですが、100㎞くらいの距離。

特急電車なら1時間もかからないですね…。

途中止まったりもしながら進みます。

 

途中で止まったところが、駅なのかどうか?

ちょっと見分けがつきませんでした。

 

こんなところにも止まっていましたが…。

止まっている時に、窓越しに食べ物を売り歩くおばさん

ダナン駅でさえ、ホームがなかったのですからね。

小さい駅で止まっている間に、もしかしたら

人が乗り降りしてたかもしれません。

 

 

半分くらい行くと、雨が降ってきてしまいました。

雨で外の景色も見えないし、写真を撮るために

立ってるのも疲れるので、ちょっと休憩…。

 

 

ひと眠りすると、間もなくフエ駅に到着しました。

 

残念ながら、まだザーザー降ってる…。

すぐ止めばいいなと思っていたのですが。

フエに着いても、この日は一日雨でした…。

 

駅に着くと、またタクシーの勧誘が寄ってきました。

ホテル名を告げると、20万ドン(約1,000ドン)で

どうかと聞いてきました。

ホテルまでそんなに遠くないのに。

高い!

というと15万ドン。

 

まだまだ高いでしょ?

でも、雨だし、他のタクシーもそんなになく、

義理姉さんたちが、乗っちゃおうというので、

乗って行きました。

なおりんだけなら、そんなにあっさり乗らないのですが。

 

後でホテルで聞くと、5万ドンくらいかな?とのこと。

相当ぼったくられました…。

 

気を付けましょう。

基本的に、言い寄ってくるのはダメで、メーターを

使うタクシーを選んだ方がいいですね。

 

 

 

ホテルに着き、気を取り直し、街歩きに出発です!

 

フエの名物料理・ローカルフードのアサリご飯、

バインセオのランチ、王宮観光、

王宮料理のディナーは次の記事をどうぞ。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


ダナン・ホイアン・フエ 増補新版: 現地在住日本人ガイドが案内する (TOKYO NEWS BOOKS)

 

 


D21 地球の歩き方 ベトナム 2019~2020

 

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話スクールNOVAのZoomレッスンでレッスン受け放題ですって!詳細はこちら↓をクリック
英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
カテゴリー
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
最近の投稿

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ