香港は日本の食料品輸出先第1位で、日本のレストランもいっぱい。









ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1位 香港

2位 アメリカ

3位 台湾

4位 中国

5位 韓国

 

日本の農林水産物・食品の輸出先、

2016年の輸出額による順位です。

 

香港が1位です。

 

それも、香港が1,853億円に対し

2位のアメリカは1,045億円と断トツです。

人口も香港の7倍くらいもある5位の韓国は

500億円くらいです。

 

 

香港人は日本好きな人が多く、

日本食も大好きなんですね。

 

 

 

街中をみても納得!

 

イオンは香港中に9店舗もあり、食品が中心の

スーパーマーケットも含めるともっとあります。

他にもアピタ、そごう、シティスーパーなど

日本食を多く置いているスーパーもあり、

日本のレストランもあちこちにたくさんあります。

 

吉野家、元気寿司、板前寿司、サイゼリヤ、和民…

イオンの中のフードコートには長崎ちゃんぽん……。

日本の定食屋さん、ラーメン、たこ焼き・お好み焼き…。

日本で有名なチェーン店だけでも、 こんなにたくさん

あるんです!

 

これら全て、我が家から徒歩10分圏内にあるお店です。

徒歩10分圏内にこれだけある、と聞けば、

どれだけたくさんあるか、おわかりいただけますね。

(もちろん、こんなにたくさんない地域も多いですが。)

 

そして、これらのチェーン店、香港中に何十軒もあります。

例えば… 吉野家、元気寿司は60店舗ほど、

サイゼリヤは30店舗ほど…

しかも、サイゼリヤなど、この6年の間に どんどん

増えています。

 

サイゼリアです。

香港人に人気で、お店の外にいつも待っている人がいます。

 

お店の中でも注文するために並んでいます。

 

とにかく香港中をみれば、数え切れないほどの日本食…

海外に住んでも、日本食が恋しくなってしまう

日本人にとって、ほんとに住みやすいですね。

自炊するにも、イオンに行けば、たいていの食材は揃うし、

外食するにも本格的な味からお手軽なレストランまで

楽しめますし。

 

 

 

以前、オーストラリアのメルボルンに住んでいた時は、

日本食材を買うには、車で数十分、日本食材店や

アジア食材店に 買いに行かなければなりませんでした。

 

それでも品は豊富ではなく、値段も

日本の3倍くらいしてお高く、

日本食を食べるには、もっとハードルが

高かったものです。

 

薄切り肉を買うには、これまた車で30分ほどかかる

アジア系のマーケットまで行き、お肉屋さんで

多めに買って薄切りにしてもらい、

冷凍庫に小分けにしておいて使う

ということをしていました。

 

2度目のオーストラリア生活とはいえ、渡豪直後 妊娠し、

つわりでお料理したくな〜い、だる〜い… という時期、

心から、日本のスーパーが1件近くにあって欲しい、

日本のスーパーのお惣菜を買って食べたーい‼︎

と思ったものです。

 

 

 

日本ではない海外での生活。

食生活や食べ物の嗜好というのは簡単には変えられず、

日本人ならば、長期滞在したら今まで日常的に

食してきた和食が食べたくなるもの。

 

日本食が手に入りやすいかどうか、というのは

その国で便利で楽に暮らせるかという一つの重要な

ポイントとなるんですね。

 

そういう点でも、日本人にとって、香港は便利で

住みやすい国だなと思います。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話スクールNOVAのZoomレッスンでレッスン受け放題ですって!詳細はこちら↓をクリック
英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
カテゴリー
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
最近の投稿

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ