とても美しいドレスデンの街をドレスデン出身の友達と散策


ドレスデンは、かつてザクセン王国の首都であった

宮廷都市で、とても美しく落ち着いた素敵な街でした。

 

 

ドレスデンは一度行ってみたかった街。

なぜなら、以前にオーストラリアで出会った友達の

故郷だからです。

そして、今回、ニュージーランド在住のその友達が

ちょうどドレスデンに一時帰国中で会うことが

できました(^^)。

 

行きたかった街とは言え、行く前まで

知らなかったのですが、

 

ドレスデンは、第二次世界大戦で

壊滅的な被害を受けたそうです。

 

今では綺麗な建物が建ち並び
とても美しい街ですが、
旧東ドイツ側でしたので、1990年前後になり

ようやく建物の修復が始まったのです。
そして、いまだに再建中の橋や

破壊されたままになっているところもありました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ドレスデンに到着した日、

夕方、旧市街地に出てみました。

 

まず始めは、こちらのツヴィンガー宮殿

入口にこんな看板がありました。

陶磁器コレクションと書いてあるようですが、

和風の陶磁器作品の展示もあるのでしょうか?

 

素敵な外観

中には博物館もありますが、夕方なのでパス。

 

ドレスデン王宮

風格ある落ち着いた雰囲気で、素敵です。

 

 

ドイツと言えば「音楽」。

オーボエを吹いているお姉さん。

ノイマルクトという広場に出ました。

ドレスデンは旧東ドイツ。

この信号は、旧東ドイツ時代の名残で、

今も東ドイツの絵柄の信号機が使われている

のだそうです。

 

これは女の子バージョン

広場に小さなマーケットが出ていました。

フラウエン教会

川の方へ歩き、このお店でディナー

ドイツ料理のレストランです。

レストランのすぐ前で、今度はギターを弾き語りする人。

上のテラスに上がれるようになっているので、

上がってみました。

その向こうはエルベ川かと思ったら、

道をもう一本挟んだ向こうが川のようです。

 

今歩いてきた道、食事をしたレストランを見下ろす…

素敵な街並み!

上にも建物がありました。

これはアート系の学校です。

道を一本挟んだところにエルベ川が見えました。

 

シュロス広場

またまたストリートミュージシャン

今度は金管バンドです。

しばらく階段に座って聞いていました。

 

フリードリヒ・アウグストの像

君主の行列

全長100m以上もある壁画です。

ステキなアーチをくぐり抜けて…

ドレスデン王宮の中の美術館の案内

文化宮殿

この日は、ここで戻ることにしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

翌日、またまた旧市街地へ。

 

今度は、ドレスデン出身の友達と再会し、

一緒に見て周りました。

 

ここには、第二次世界大戦時に破壊されたままの

状態の場所。

土台だけが残っています。

ここは、何が建っていたんだろう…?

友達いわく、以前はどこもかしこも

こんなだったそうです。

 

ドレスデン王宮のミュージアム入口。

中まで見学すると、時間がかかるということで、

ここだけ見ましたが、素敵な建物です。

 

君主の行列の壁画の裏側です。

中庭は工事中で土が盛られていましたが、

アーチ型の柱や模様が素敵でした。

 

君主の行列

前日にもこの辺りは訪れていますが、

やはり友達がいろいろ説明してくれるのを

聞きながら見ると違います。

 

この壁画は、マイセン磁器タイルを使って描かれて

いるそうで、歴代の君主達が年代順に並んでいます。

 

カトリック旧宮廷教会

建物の上部には、彫像がずらりと並んでいます。

 

教会の中に入ってみました。

内部は天井が高く、全体が白で落ち着いた雰囲気です。

 

ゼンパーオーパーと言われるドレスデン国立歌劇場

ワーグナーのオペラが初演されたりした歴史を持つ

歌劇場です。

ここまで来たら、オペラでも見たいけど…

家族旅行ではなかなか…

いつか、音楽の名所を巡る一人旅に行きたいものです。

 

ザクセン王の騎士像

以前、携帯電話もなかった頃は、

よく、馬の尻尾の下で待ち合わせをしたんですって。

 

ツヴィンガー宮殿

友達談ですが、2003年に大洪水に見舞われた時、

こちらの絵画館の絵を市民が一枚一枚持って、

濡れない所に避難したそうです。

 

今年の夏は、雨が少ないせいか(なおりんが旅行中も

ほとんど雨が降りませんでした)、エルベ川の水量が

とても少なく見えましたが、その時は大雨が降って

川が氾濫してしまったのですね…。

 

 

アウクストゥス橋

エルベ川を渡って反対側の新市街の方へ行きます。

この橋も工事中です。

 

橋の上から見たカトリック旧宮廷教会

工事が終われば、立派な橋ができそうです。

橋を渡ったところのノイシュタット広場にある黄金の騎士像

17世紀後半から18世紀前半にかけて

ポーランド国王(アウグスト2世)であり、

またザクセン選帝候(アウグスト1世)でもあったそうです。

 

ここは結構広い広場ですが、あまり人はおらず

静かです。

ブロックハウス(新市街衛兵所)

新市街側から見た旧市街

こちら側の河原は、広々としています。

ドイツ人の友達と記念撮影

 

戻る途中、ここにもストリートミュージシャン。

オーボエ、クラリネット、サックスの三重奏

音楽好きななおりんにとっては、道を歩きながら

あちこちで演奏してくれているのは嬉しいです!

 

みんな上手だなぁと思ったら、きちんと登録された

人のみが演奏できるんですって。

以前は、誰でも演奏できていて、あまりに人が多く

なりすぎたので、申請して許可を得た人だけに

なったとのことです(友達談)。

 

旧市街側に戻ってきました。

次の目的地を目指す予定もあるので、この辺で

友達ともドレスデンの街ともお別れ。

 

その前に、友達のお気に入りのカフェでケーキを

食べました。

洋菓子と言えば(料理もですが)フランスですよね。

ここドイツは…

やはり味も見た目もいまいちでしたが…

でもまあ、友達と一緒に美味しくいただきました。

ドレスデンの街が素敵でよかったのはもちろん、

ここでは友達に会えたのが何よりでした。

 

彼女も数日後にはニュージーランドに戻る

予定で、忙しいなか時間を作ってくれて、

会うことができて、ほんとに良かった!

今度は、いつどこで再会できるかしら…。

 

 

 

この後は、また別の友達に会うため、

デンマークまで北上します。

 

この日の午後、ドレスデンから北西方向にある

マクデブルクという所まで移動しました。

 

湖のほとりにあるキャンプ場です。

日中の日差しはかなり強く、すでに夕方ですが、

泳いでいる人が結構いました。

綺麗な場所ですが、雨があまり降らないため、

からっからで土ぼこりが少々気になりました。

 

でも、この美しい風景

この日も、長く充実した一日が暮れていきました。

 

翌日はデンマーク入りします。

まだまだ旅は続く…

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ