香港でハイキング〜ピークからスタートする香港トレイル–セクション1


香港はビルばかりのイメージかもしれませんが、
山も多く、よく整備されたハイキングコースが
たくさんあります。

 

イギリス統治時代にハイキングトレイルが
整備され、香港島、九龍半島、ランタオ島に
四大トレイルがあり、またそれ以外にも
たくさんのルートがあるんです。

 

今回は香港島を横断している
香港トレイルの第1セクションを歩いてきました。

 

 

 

香港トレイルは、8つのセクションに分けられていて、
第1セクションはピークから始まります。

 

この香港トレイルは総距離50km、
西側から東側へ第2セクション、
第3セクションへと続き、
最後の第8セクションは景色が良いことで
有名なドラゴンズバックと言われるルートで
終わります。

 

 

香港トレイル第1セクションは、
ピークからスタートするので、そこまでは
ピークトラムやバス、タクシーで上がって
しまってもいいのですが、
今回は香港大学駅から歩いて登り、
そのまま第1ステージへと入りました。

 

香港大学駅→ピークまでのルートなどに
ついては、前の記事に書いてありますので、

合わせてご覧ください。

 

 

 

では「香港トレイルのセクション1」

 

出発〜!

 

ピークタワーの正面すぐ左にある
ルガードロードからスタートです。

ルガードロードは、眺望がとってもいい散策路で、
香港の高層ビル群とビクトリアハーバーを
眼下に眺めながら、緑の中を気持ち良く歩けるので、
ピークに行ったら、ハイキング目的でなくても、
散策してみることをお勧めします。

 

ルガードロード側から見たピークタワー

距離ポストの説明

香港トレイルは、ここ、ピークの「H001」から始まり、

ビッグウェーブベイ(大浪灣)「H100」で終わります。

 

今回の香港トレイルステージ1は、H001からH014を

過ぎた辺りまでです。

この番号は500mおきに標示されています。

 

スタートの「H001」の標示を発見できないまま、

歩いていきました。

他の方のブログで見ましたが、H001とH002は

柵の外側にあって、普通に歩いたら見つけられない

みたいです。

香港のビル群とビクトリアハーバーを一望できます。

ただ、この日は少し空気が悪く(出かける時は

そうでもなかったのに…)、あまりクリアでは

なかったのがちょっと残念。

 

歩みを進めると、ビクトリアハーバーを見ながら

少しずつ変わっていく景色を楽しめます。

 

それにしても、眼下の高層ビル群はすごいですね〜。

狭い敷地にギッシリとビルが立ち並び、

そかから急激に高度が上がっています。

香港島がどれだけ山ばかりで、平地部分が少ないかが

わかります。

 

「H003」の標示を見つけました。

すごい!

トンネルのように生い茂っています。

ルガードロードの終盤は、離島も展望でき、

だいぶ風景が変わってきます。

「H005」

後ろは竹林です。

ルガードロードが終わり、夏力道へと進みます。

ここまで40分弱でした。

ラマ島全体が見渡せます。

開けている所に出ました。

ここから下って行きます。

「H007」

香港トレイル ステージ1はレベル1。

ほとんどが下りと平地の楽々ルートみたいです。

まあ、それもそのはず。

高度の高いピークからスタートしているんですから。

木々の中を歩き、標示を見て、2人の歩く人マークが

指す方向、置富の方へ進みます。

しばらく歩き「H014」を過ぎると、

舗装道路に出ました。

ここでステージ1は終了です。

バス停を目指して下って行くと、薄扶林水塘が

見えてくるので、ダムを左手に眺めながら歩きます。

後ろを振り返ると、さっき出発したピークタワーが

ずいぶん小さく見えています。

ピークタワーと言っても、左に見える山の上にあるわけ

ではないですよ。

左の山が本当のピークだと思います。

なおりんは、まだ、この本当のピークに登ったことが

ないので、今度登りたいなと思っています。

 

ダムの横を歩き終えたところに

「薄扶林郊野公園」の標示がありました。

もう、バス停は目の前です。

バス通りに出たら反対側に渡って、セントラル行きでも

金鐘行きでも、MTR駅周辺に行くバスに乗ればOK。

あっという間に市街地に戻っていきます。

 

街と自然が隣り合わせなので、パッと行って、

ハイキングを気軽に楽しめるのが

香港のいいところです。

 

 

今回歩いたセクション1のマップです。

赤いラインがセクション1のルート、

そこから繋がる黄色ラインはバス停までの道のりです。

 

 

 

 

デモで混乱している香港ですが、

山の中に入ったら、そんなことは全く感じられず、

ハイキングに行ったこの日(平日)は、街中も変わらず、

いつも通りの生活ができていました。

 

ただ週末はどこでデモ活動に遭遇するか

わからないので、外出しにくい日が続いていたの

ですが…

 

この記事を書いている時には、大学がデモの

衝突現場となったりし、学校も休校になるほどの

事態になり、ただならぬ状況になってきました。

 

 

今回はホリデー中の息子と歩いてきたのですが、

今、息子は大学に向けIB (International

Baccalaureate)という、とてもハードな

カリキュラムに取り組んでいます。

( IBについては、今度書こうと思います。)

 

そのIB履修中で、6科目を選択する他、

スポーツや創造的な活動、ボランティアなども

バランスよくやらなければならず、

その一環でハイキングに行ってきたんです。

 

不穏な雰囲気のこんな時期の香港なので、

一緒に行ってきました。

 

早く今まで通りの平和な香港に戻ると

いいのですが…。

 

 

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話スクールNOVAのZoomレッスンでレッスン受け放題ですって!詳細はこちら↓をクリック
英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
カテゴリー
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
最近の投稿

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ