香港のインターナショナルスクール、長い長いサマーホリデーが終わり新学期スタート


インターナショナルスクールのサマーホリデーは、

ほんとに長いです…

 

2か月の休みを終え、ようやく9月から新学期が

始まりました。

(8月から始まっている学校もあります。)

 

 

我が家の子供たちは、香港のインターナショナルスクールの
小学生、中学生です。

日本の学校とは新学期のスタートも違い、

9月から始まります。

 

お休みも全然違います。

娘のカナダ系の学校ですが、
夏休みは、たっぷり2か月。
その他にも、年末に2週間休み(こちらは旧正月を盛大に

祝うので、年明けは1月2日から始まってしまいます…)、
学校に行き始めたと思ったら、また旧正月で

2週間ほどお休み。
その後は、イースターでまた2週間ほど休み…。
と、お休みだらけです。

 

学校に行く日数を数えてみたら、

ちょうど1年の半分程度で、
日本の学校と比べ、年間にして1か月くらい登校する日が
少ないのではないかと思います。

息子の学校なんて、もっとひどい!
さらに10日ほど登校する日が少なく、年間174日しか

学校に行かないんです…。

 

西洋人は、会社員でも普通に1か月くらいは休みを取り、
ホリデーを楽しみますが、休む時は、思い切り休んで

楽しむ、というのが当たり前なんですね。
なので、学校も休みが多いし、お休み中は、2か月の

長い休みでも宿題が一切ない!…のです。
ホリデーを楽しみ、その中からいろいろなことを

学びましょう~!
ということなのでしょう。

 

さらに、普段から日本の部活のようなものもないので、
旅行に行くか、サマースクールなどに行くかしないと
持て余してしまいます。

 

たぶん、周りの西洋人は、旅行に行ったり、自分の国に

帰省したりしていると思います。
日本人は、やはり日本に帰省する人が多いですし、
旅行や日本に行かず香港にいる期間は、
サマースクールや塾に行ったりして過ごしている子が

多いです。

 

我が家も、中国・内モンゴル旅行に行ったり(今度、

こちらにも旅行記をアップします)、

日本と韓国に帰省したりしたのですが、
それでもトータル半分の1か月くらいは香港にいたので、
子供たちは毎日家にいるし、母・なおりんは大変でした…。

 

ようやく新学期。
なおりんも気持ちを入れ替えて、いろいろなことに前向きに

取り組んで、充実した時間を過ごしていこう!と思います。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ