イスタンブール旧市街からアジア側と言われるエリアに行ってみました


イスタンブールは、位置的にもアジアとヨーロッパの

間に位置し、アジアとヨーロッパの架け橋などとも言われ、

文化的にも中東にアジア、ヨーロッパが混じり合ったような

独特な雰囲気だと言われます。

 

 

実際のところ、イスラム教徒の多い国で、

ヨーロッパっぽくはあまり感じず、

アジアと言われても、…? うーん、どうだろう。

 

アジア人とは顔も違うヒゲ面の男性たち、顔まで覆った

女性たち、パッと見た感じは「中東」という雰囲気。

まあ、混沌とした雰囲気などは、アジアっぽいのかな。

 

旅行でちらっと見ただけでは、文化的なこととか

深い部分は見えないので、アジアらしいとかヨーロッパ

らしいとか、一言で簡単には言えませんが。

 

 

まあ、そんなイスタンブールですが、

その中でも、ボスポラス海峡を挟んで東側をアジア側、

西側をヨーロッパ側と分けて呼ばれているようです。

 

ボスポラス海峡を北に上がっていくと繋がるのは黒海。

イスタンブールの南、下側に面しているのは

マルマラ海です。

 

黒海は、本当に大きいですね。

ついでに、マルマラ海の左、下まで伸びている大きい海は

エーゲ海です。

 

 

 

アジア側とヨーロッパ側、どんなに雰囲気が違うのかな

と、早速見に行ってきました。

 

 

ボスポラス海峡を隔てた反対側に行くには、

電車、またはフェリーが利用できます。

 

泊まっているホテルがあるのは、ヨーロッパ側・旧市街。

行きは電車でアジア側へ移動しました。

 

 

電車を降りたところは、ボスポラス海峡を超えて最初の駅、

ユスキュダルです。

旧市街に比べて、特に何もない、

まあいわゆる庶民の生活の場で、観光客もあまり見えない

感じです。

 

駅前にも、特にこれといったものはありません。

商店街がありました。

小さな商店街ですぐに見終わり、少し周りをウロウロ。

卵の問屋さんか…?

アジア側と言いますが、どうアジアなんだろう?

あまり違いがわかりません。

この辺り、こんな感じで、特に何もない…

歩いていても面白くもないので、バスに乗って、

カドゥキョイという所に移動しました。

 

 

バスで移動中、カルフールが入っているショッピングモール

が見えました。

 

カドゥキョイに到着

海沿いの、船がたくさん発着する場所です。

少し歩き、オシャレな感じのレストランやカフェ、

お店が立ち並ぶストリートへ。

 

オシャレなカフェでひと休み。

トルコのスイーツがいっぱい!

洋風なデザートも

Tarkish Delight ロクムという求肥のようなスイーツを

注文しました。

ナッツが入っていたり、いろいろなフルーツ味があったり、

それぞれ違う味が楽しめます。

 

手前はトルコ紅茶

小さめの、こんな形のグラスに入れられてきます。
ミルクやレモンは入れずにストレートで飲みます。

 

ティータイムの後は、お店を見て歩きました。

この辺は、洗練されていて、最先端という感じです。

なかなか面白いお店も多く、しばしショッピングを

楽しみました。

 

帰りはフェリーに乗りました。

やはり、片道はフェリーを使ってみないとね。

外側の席に座ると、日差しがちょっと暑いものの、

風が気持ち良く、海とイスタンブールの景色を眺めながら、

とても素敵な30分弱のフェリーでの移動になりました。

青い点の所を出発し、イスタンブルと書いてある上辺りに

着きます。

今見えているのは、アジア側

何の建物だろう?

乙女の塔

船の進行方向右側から、左側にちょっと移動してみると、

旧市街が見えていました。

ブルーモスクとアヤソフィアかな?

船の右側に戻ると、こちらには新市街のガラタ塔が。

ガラタ橋がもうすぐそこ。

もうすぐ到着します。

 

橋の下ギリギリのところを船が通っていきます。

ガラタ橋の上は、いつでも人がいっぱいです。

 

 

到着し、船を降りました。

 

ガラタ橋の下の段は、海鮮レストランなどがずらりと

並んでいます。

イスタンブールは海に囲まれた街。

昔から貿易港として栄えたんだろうなぁ。

 

 

この絵は、電車に乗るときに駅の壁にあった絵

ボスポラス海峡を中央に、ヨーロッパ側(左)と

アジア側(右)、

今フェリーで見てきた風景かしら。

 

イスタンブールの海と調和した風景、素敵です!

 

 

 

戻りながら、簡単にここで夕食を取りました。

たくさんある中から選び、レジで計算するスタイル

ケバブのカウンターもあります。

オレンジジュースもその場で絞って売られています。

 

 

おやつに買っていったバクラバというトルコスイーツ

パイ生地みたいなのにナッツなどが入り、

それがシロップ漬け(?)になっていて、

かなり甘かったです。

美味しかったですが、甘いので、たくさんは

食べれませんでした…。

 

この日も、ゆったりペースで見て回り、一日が

暮れていきました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


E03 地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地 2019~2020

 

 


イスタンブール 東西の歴史が織りなす魅惑都市 (KanKanTrip22)

 


エキゾチックが素敵 トルコ・イスタンブールへ (旅のヒントBOOK)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

〈おまけの画像〉

 

ホテルの部屋の窓より

 

下を走っているトラム

綺麗な新しそうな車両なのですが、上から見たら…

 

屋根がない⁉︎

なぜ上が覆われていないんだろう…⁇

 

 

荷物を載せて引く(背負うような格好で)カートを使い

荷物を運んでいる人がイスタンブールには

たくさんいました。

 

道路の真ん中(トラムが走る道)をトラムが来ないうちに、

すごい速さで荷物を載せて進んでいます。

下り坂だと、本当に勢いよく、ターッと運んでいて、

ちょっと危なそうなのも見ました。

 

歩道では、ものすごく重そうな荷物を運んでいた人達が

休憩中。

 

 

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ