韓国のモギョクタン(銭湯)の様子。ビックリ!日本といろいろと違いが…


銭湯内でアイスコーヒーを売っていて、
そのコップを浴槽の縁に置いたり、
サウナにも持ち込む!

 

洗い場に自分の荷物を置き、

場所をキープしたまま…

 

 

 

今回も韓国でのお話です。

 

韓国の銭湯は、あれこれ日本とは違う面も。

主人の実家の田舎の銭湯で見られる様子を
お伝えします。

 

 

 

韓国では、普通、家ではあまりお風呂に入らず、
シャワーだけですが(冬はシャワーも毎日したり
しません)、銭湯や健康ランドのような
ところは数多くあり、人気です。

 

 

まずは、韓国の入浴施設について先に少し…

 

いくつかご紹介します。

 

 

モギョクタン(沐浴湯): 大衆的な、いわゆる

日本の銭湯のような感じです。

 

チムジルバン: もっと規模が大きくて広く、

中に男女共有のスペースがあったり、

仮眠室があったりし、設備もずっと充実しています。

 

ハンジュンマク(汗蒸幕): これは湯船に浸かるもの

ではなく、高温の釜みたいな部屋にマントを

かぶって入り、汗を大量にかくことで

代謝を高めるものです。

 

 

 

 

では、ここから、韓国の銭湯の様子です。

 

なおりんも韓国に来ると、いつも義理のお姉さんに
誘われて、銭湯に行くのですが、
そこで日本と違うなぁというところを
書こうと思います。

 

場所が場所なので、写真はありませんが。

 

 

 

⚪︎まず、入口を入ると、シャワーやボディーローション
などが入ったカゴがずらり。

 

いつも行く常連さん達が自分のグッズをキープしておく
場所があるんです。田舎だからですかね〜。
ソウルだとそれはないかもしれませんが。

 

 

 

そして、中に入ると、またいろんな違いがあります。

 

 

⚪︎体を洗おうとすると使える場所がない…

 

と言っても、人がびっしりと座っている訳ではなく、
湯船に浸かっていたりサウナに入っている間、
物を置いて場所をキープしているんです。

 

みんなで使う場所のはずが、これは困りますね…

 

仕方なく、立ってシャワーする場所で洗いました…。

 

 

⚪︎中で売っているアイスコーヒーを脱衣所でなく、
湯船の脇やサウナの中まで持ち込んでいたりする…

 

サウナで汗をかきながらアイスコーヒーを飲む!

 

日本では見ない光景ですね。

 

浴槽の中やサウナの中でこぼしたりすることも
あると思うのですが、そこに持ち込みOKというのが
なんとも言えないですね。

 

また、湯船の脇に置いておいて、湯船のお湯が入ったり
することもありそうですが…

 

 

⚪︎垢すりをし合う

 

垢すりは韓国で有名ですが、一緒に来た人の
背中をこすってあげているのをよく見ます。

 

 

⚪︎一人でも背中を垢すりできるマシーンがある

 

壁に垢すりタオルが被った丸い回転するものが
設置されていて、そこに背中を押し付け、
背中の垢すりが一人でもできるんです!

 

 

⚪︎ヨーグルトで肌をすべすべに?

 

洗い場でパックのヨーグルトを開け、食べる??
と思ったら、全身に塗りパック!

 

 

 

と、まあ、こんな感じでいろいろな違いがあります。

 

銭湯の中でのあれこれ、国によって違いますね〜。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ