お天気のいい日に、セントラルからフェリーで30分のラマ島(南丫島)のハイキングへ


ラマ島に行こう!

 

1月の週末、快晴。

こんな日に家にこもっているのはもったいない…

ハイキング日和なので、ラマ島(南丫島)に
行くことにしました。

 

ラマ島は香港島の左下の方に位置し、
セントラルから高速フェリーで30分程。
お昼に出ても午後、たっぷり楽しめます。

 

香港の離島、のんびりと島の雰囲気と自然を楽しめる

所として、ラマ島は最もメジャーで人気のある場所でも

あります。

 

 

 

ラマ島(南丫島)行きはセントラルのフェリー4番乗り場。
ラマ島北西部の榕樹灣(ユンシュー湾)行きと

中央部の索罟灣(ソックー湾)行きがあります。

主なハイキングコースは、榕樹灣から索罟灣までの

コースと、索罟灣からぐるっと1周するコース。

 

榕樹灣と索罟灣間をハイキングするのであれば、

どちらから歩いてもOKです。

帰りは行きと違うところからフェリーに乗れば

いいのです。

 

高速フェリーの時間を見ると、先に出るのは

榕樹灣(ユンシュー湾)行きの方。

ということで、13:00の榕樹灣行きのフェリーに

乗りました。

 

フェリーの本数が多くないので、

帰りのフェリーの時間を確認しておくといいですよ。

 

 

ラマ島はもう目の前です。

27分程であっと言う間にラマ島に到着。

 

フェリーを降り、少し行くと、

榕樹灣周辺には、いろいろなお店やレストラン、

カフェなどが並んでいます。

一方、索罟灣の方は、海鮮料理レストランがたくさんあり、

海鮮以外なものを食べるなら、こちら榕樹灣の方が

いいです。

 

 

ラマ島でランチしたりするのであれば、時間と、

何を食べるかを考えて、どちらをスタートにするかを

決めたらいいかと思います。

 

ちょうどお腹が空いてきましたが、レストランには

入らずに、あれこれ買ってつまむことにし、

早速、こちらを購入。

 

バターとピーナツ、コンデンスミルクが挟まったワッフル

魚肉のシュウマイ カレーソースがけ

このお店です。

 

標識に従って、索罟灣行きの方へ向かうため、

商店街を左手に行くと

オシャレなカフェもあったり…

ラマ島は離島で田舎っぽいだけではなく、西洋人も

たくさん住み、カフェなども結構あるんです。

 

西洋人は便利さよりも海沿いや自然のいい所を好む人が

多いので、こういう島にも住んでる人が多いんですね。

娘の学校の先生にも、以前の幼稚園の先生にも、ラマ島に

住んでいた人がいました。

 

離島とはいえ、フェリーで30分で香港の中心地・

セントラルに行けるのですから、十分通える範囲では

ありますね。

 

 

別のお店でフルーツのスムージーも買い、ワッフルを

かじりながら、村を見ながら進みます。

 

標識があちこちにあるので、ありがたいです。

それに従って歩けば、道は難しくありません。

貝殻のブレスレットがあり、ブレスレットにはまっている

娘は大喜び。

2つも購入。

まだ家やお店もポツポツとあります。

こんな可愛い壁のおうち?

さらに行くと、豆腐花のお店が。

これも食べていこう!

 

豆腐花は、甘いお豆腐のデザートです。

オープンスペースで気持ちいい!

 

 

バナナの木

まだ硬そうなバナナがびっしりとなっています。

 

ココナッツの木

 

なんか、ずっと食べてるね、

もう食べないで、早く行こう!

と話していた矢先に…

バターコーンや冷凍パイナップルを

売っているお店があり、

美味しそう…。

食いしん坊のなおりんと娘…

これを買ってビーチで食べようと、コーンとパイナップルを

またまた買ってしまいました。

 

すぐ前は海です。

 

洪聖爺湾(Hung Shing Yeh)ビーチ

青空で暖かくて気持ちいい〜。

波の音を聞きながら、青空の下で、買ってきた

焼きバターコーンとフローズンパイナップルをかじり、

のんびりしました。

さすがに今の季節は、泳ぐ人はいませんが、

夏には海水浴もいいですね。

 

このビーチ、砂地なのに、大きな木がたくさん

生えている!

 

 

さて、ここまでは、お店を見て、食べまくって、

ビーチでゆっくりしたので、

ここからハイキングスタート!

という感じです。

索罟灣の方に向かいます。

しばらく上りが続きます。

結構急な坂をぐんぐん登っていきます。

 

少し上がっただけで、良い眺め(^^)。

ほんとに雲一つない、気持ちのいい青空です。

 

後方を見ると、煙突が3本見えます。

ラマ島には火力発電所があるんです。

ちょっと景観は良くないですが、ここで電力を供給して

いるんですね。

あずまや。

ここで休憩するのもいいですね。

山と海と空。綺麗な景色に癒されます。

最初に一気に上って、もう上りはなさそう。

犬を放して散歩してる人が結構います。

続けて三匹くらい通りました。

 

 

 

今まで右側に海を見ながら歩きましたが、

反対側の海の方に出ました。

ラマ島の東側の海ですね。

少しずつ下っていきます。

 

目的地、つまり帰りのフェリーターミナルのある

索罟灣の方の村が見えています。

 

この辺りから、ポツポツと民家が出てきました。

壁いっぱいの大きな豚さん

小さな畑。案山子も立っていました。

ここは、神風洞と言って、第二次世界大戦の時に、

日本軍が掘ったものだそうです。

また小さなビーチがありました。

索罟灣はもうすぐ

歩いて、少〜し小腹が空いてきた時に、道沿いに

マンゴー餅などがテーブルに並べられ、売られていました。

フェリーまで時間があるし、休憩がてら、

またまた食べることに。

 

お味は、ジューシーなマンゴーが中に入っていて、

外はモチモチで美味し〜い。

 

マンゴー餅は食べたことはありますが、こんなに

ジューシーなマンゴーがそのまま入っているのは初めて。

すぐ後から通った人達も結構買っていました。

いくつか売れると、すぐ前の家(?)↓から持ってきて

補充していました。

1956というのは、1956年に建てられたって

ことかしら?

 

 

もう索罟灣です。

着きましたー!

榕樹灣から索罟灣まで、ラマ島の半分くらいを縦断する

このハイキングロードは4,5km、1時間半〜2時間くらいで

それほどアップダウンもないので、楽に歩けるコースです。

なおりん達、基本的に歩くのが早いので、いっぱい食べて

ちょっと歩いたら着いた感じでした。

 

フェリーターミナルまではもう少し。

 

フェリーターミナルから続くレストランのストリートの

手前に天后廟があります。

 

ここからは、道沿いに何軒もの海鮮レストランやお店が

連なっています。

道の右側はレストランの建物で、左手にはレストランの

テーブルが並んでいます。

今回は娘が海鮮が苦手なので食べませんでしたが、

海鮮レストランがたくさんあり、美味しいので、

こちらで食べてもいいと思いますよ。

 

犬がくつろいでいます。

別の犬も。

ハイキングロードで放して散歩していたように、

ここの犬たちも紐で繋がれていませんでした。

ラマ島では、たぶんこれが普通なんですね。

 

おとなしいのね〜。

かわいい(^^)

 

 

お店やレストランが並ぶストリートを抜けると、

こちら、フェリーターミナルです。

「Welcome to Lamma Island」

ここでパチリ。

榕樹灣の方から来たので、Welcomeでなく、

もう帰るけどね…。

 

フェリーの時間まで、少し時間が余ったので、

周りをウロウロ。

海をバックに、立派な木やお花…。

 

ラマ島はやっぱり何度来ても、のんびりとしたいい島です。

香港島の、それもセントラルからわずか30分で、

こんないい島にすぐ行けてしまう(^^)。

小さい香港ならではのいいところですね。

 

フェリーに乗り込む頃には、日が落ちてきました。

ラマ島〜、また来るよー!(^.^)

 

急に思い付いて久しぶりに行ったラマ島でしたが、

本当にいい時間が過ごせ、良かったです(^^)。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話スクールNOVAのZoomレッスンでレッスン受け放題ですって!詳細はこちら↓をクリック
英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
カテゴリー
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
最近の投稿

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ