ウラジオストクのマリインスキー劇場でオペラ鑑賞


今回のウラジオストク旅行の目的の一つは

オペラを観ることでした。

 

2016年にできたばかりのマリインスキー劇場で

お手頃な価格でオペラ鑑賞ができるんです。

 

マリインスキー劇場は、市中心部側から

黄金橋を渡ってすぐのところにあります。

ヨーロッパの歴史ある荘厳なオペラハウスに比べ、

ガラス張りでモダンな造りです。

7月24日から8月9日までフェスティバル中

その間、日によってオペラが上演されたり、

オーケストラだったり、いろいろです。

 

訪れたのはその最終日。

演目は「アイーダ」です。

マリインスキー劇場前から見える黄金橋

黄金橋を望める有名なスポット鷲ノ巣展望台とは

反対岸からの眺めになります。

 

劇場内部

ロビーにかかっていた大きな垂れ幕には

ロシア、英語に加え、日本語、韓国語、中国語で

書かれていました。

「マリインスキー劇場所属沿海地方ステージに

ご来場いただき誠にありがとうございます」

とのこと。

マリインスキー劇場は、元々、サンクトペテルブルクに

あり、その分館というか、マリインスキー劇場から

派生した沿海地方の一劇場ということなのですね。

 

開演時間まで少しあったので、舞台下でスタンバイしている

オーケストラを見たりしていました。

座席は、前から11列目、中央のかなりいい席を

取りましたが、それでも6,000円程。

 

日本や西ヨーロッパで、その席で鑑賞したら、

相当高いはず。

後ろの方や脇の方の安い席であれば、

1,000〜2,000円代でありました。

 

かなりリーズナブルな価格で観ることができます。

 

チケットは事前にインターネットで予約して

おきました。

 

 

自分の席から後ろ側を撮影。

4階席までありました。

公演中は写真や動画撮影はできませんでしたので

ありませんが悪しからず…。

 

前の方で、顔の表情まで見え、迫力があり、

素晴らしかったです。

 

一幕が終わるたびに20〜30分の休憩をはさんだため、

公演時間は3時間くらいのはずが、4時間かかり、

終わったのは23:00頃でした。

 

最後のカーテンコール

旅程にオペラ鑑賞を組み込み、オペラを楽しむ…

音楽好きの人であれば、 最高の楽しみですね。

今回、オペラ好きの父のために計画した

ウラジオストク旅行でしたが、

父が行けなくなってしまったので、

また来年あたりに再訪できたらなぁと考え中です。

 

 

街中街灯にもポスターが貼られていました。

アイーダにメインで出演していた人です!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


17 地球の歩き方 Plat ウラジオストク (地球の歩き方 Plat 17)

 

 


日本から2時間半で行けるヨーロッパ ウラジオストクを旅する43の理由

 

 


ロシア語のしくみ《新版》

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話スクールNOVAのZoomレッスンでレッスン受け放題ですって!詳細はこちら↓をクリック
英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
カテゴリー
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
最近の投稿

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ