世界中の珍しい花々を見ることができ、広々として気持ちのいいメルボルンのボタニックガーデン


メルボルンのRoyal Botanic Gardens

(ロイヤルボタニックガーデン・王立植物園)は、

大きくて立派な木々の中を散策し、

ゆっくりとくつろぐのに最高の場所です。

 

世界各国の珍しい植物も多く、

池の周りでは黒鳥をはじめとする水鳥も見られ、

目を楽しませてくれます。

 

 

ロイヤルボタニックガーデンの場所は…

 

シティーからスワンストンストリートを南に行くと、
左側に緑が広がり、ボタニックガーデンはその

一番奥の方にあります。

 

メルボルンのシティー中心部から歩いても行ける

距離にあるのも嬉しいところ。

 

地図を見てもわかるように、赤いマークから

下辺りの範囲がボタニックガーデンですが、

そこまでの途中も、ずっと芝生の広場で、

歩きやすいのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

トラムで近くまでサッと行くこともできますが、

歩く途中も気持ちいいので、
ブラブラと歩いて行きました。

 

 

スワンストンストリートからボタニックガーデン

方面へ歩き始めたところです。

後ろを振り返るとフリンダースストリート駅が

見えています。

 

市内中心部ではスワンストンストリートだったのが、

が名前が変わってセントキルダロードになります。

 

 

ヤラ川を渡ってすぐのアレクサンドラガーデン、

クイーンビクトリアガーデンを過ぎると、

その辺りはキングスドメインと呼ばれる

大きなパークです。

 

下記のシドニーマイヤーミュージックボウルや

戦争慰霊館、ロイヤルボタニックガーデンまで、

キングスドメインに含まれるようです。

 

シティー周辺にこんなに広大な、緑あふれる公園、

庭園が連なり、ゆったりとした素晴らしい環境です。

メルボルンがガーデンシティーとも言われる

所以ですね。

 

 

少し歩いてから左手の芝生の方に入って行くと、

野外のステージ・シドニーマイヤーミュージックボウル

(野外音楽堂) があります。

ステージに上がってみました。

不思議な動きをする3人…

毎年夏には野外でオーケストラの

フリーコンサートが行われ、

以前、メルボルンに住んでいた時には、

何度か行ったものです。

 

後ろの芝生に敷物を敷いて、ピクニック気分で

クラシック音楽が聞けるんです。

 

音楽好きななおりんはもちろん大満足でした。

普段クラシック音楽と縁がないような人でも、

雰囲気と共に楽しめるイベントだと思います。

オーストラリアではどこでも見かけるマグパイ。

日本語ではカササギフエガラスというようです。

カラスのように黒い体に白い模様があります。

「Royal Botanic Gardens」の表示が見えてきました。

ボタニックガーデンの入口に到着。

入口と言っても、ガーデンは広いので

入口は何箇所もあります。

ロイヤルボタニックガーデンの中に入りました。

大きく立派な木々、世界中の珍しい花々を見ることができ、

広々として気持ちのいいガーデンです。

いろいろな種類のサボテン

この木、枝を大きく張り伸ばし、地面に枝先が

届くほどです。

ストレリチア 別名 極楽鳥花

英語ではBird of paradise

ほんとに鳥のクチバシのようで面白い花ですよね。

色とりどりの変わったお花たち

お、これは!

梅の木もありました。

この木もすごい!

この癒される風景…

家族がさっさと歩いていってしまうので足を止めることが

できませんでしたが、このベンチにゆーったりと座って、

水鳥を眺めながら、ぼーっとするのも贅沢な時間だなぁ、

なんて思いました。

 

すぐ横にカフェなどもある、大きい池のところまで

来ました。

ブラックスワン(黒鳥)も泳いでいました。

冬(7月半ば)でしたが、色とりどりの花が咲いていました。

ガーデン内の全ての場所は回れませんでしたが、

このくらいにしてガーデンを出ることにし、

シティーに戻りました。

 

ロイヤルボタニックガーデンは、

木々が大きく立派で、ゆっくりと散策するだけで

癒されるお気に入りの場所です。

 

 

 

さて、ボタニックガーデンを出てから、

行きとは違う道、ヤラ川沿いを歩いて

シティー中心部まで戻りました。

 

カヌーがスイスイ〜と過ぎていきます。

歩いていくとメルボルン大学のボートクラブの施設があり、

学生達が練習していたようでした。

シティー中心部に戻ってきました。

 

メルボルンシティーからボタニックガーデンまで

歩いてひと回り、午後の程よいお散歩になりました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


メルボルン案内-たとえば、こんな歩きかた-

 


C13 地球の歩き方 シドニー&メルボルン 2019~2020

 

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ