街中に運河が張り巡らされた綺麗な街・アムステルダムへ


ドイツのケルンから次に向かったのは
オランダのアムステルダムです。

 

 

アムステルダムの中心街と

その周りのキャンプ場、周辺の景色などを合わせて

お届けします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ケルンのキャンプ場を出発し、高速道路を走っていると、

オランダの看板が見え、

ドイツからオランダに国境越えです。

 

と言っても、パスポートチェックなどもありませんし、

気を付けて見ていないと知らないうちに別の国に
入っていることになります。

 

 

 

別の国への移動ですが、ケルン→アムステルダムは
車で3時間ほどの距離。

 

午前中に出発し、途中、休憩しながらでも
午後早いうちには到着しました。

 

 

 

まずはキャンプ場に行き、
テントをセッティングしました。

 

このキャンプ場は、なかなか施設が整っていて、
レストランやバーもありました。

 

Camping Zeeburg Amsterdamの入口です。

キャンプ場の入口から、こんないい景色にカモさん。

入口の受付付近ですが、なかなか良さそうな

雰囲気でしょう?

また、運河の多い街の水に囲まれた立地にある
キャンプ場、そして自転車大国なオランダらしく、
カヌーと自転車のレンタルもありました。

キャンプ場内に、レンタサイクル以外の自転車も

たくさん止めてあります。

 

売店では野菜も売られ、

朝は焼き立てのパンも並びます。

 

それから、このキャンプ場にはヤギがいました。

ヤギさん達、可愛い〜(^^)。

 

 

 

テントを設置し、ひと休みしてから、
トラムに乗って、アムステルダムの中心地に
行ってみました。

 

 

キャンプ場も水に囲まれていたので、まずここを渡って

いきます。

オランダは自転車が多いので、歩道橋のサイドに

自転車のタイヤを転がすための溝が付いています。

この辺りでも街の中心部付近でも、自転車専用道路が

よくできていて、自転車が走りやすいように

なっています。

 

この日も雲一つない、気持ちの良い青空。

スケボーにのる所ですが、この時は子供たちが

壁に登ろうとして遊んでいました。

帰りにはスケボーのお兄さんたちがいましたが。

 

市の中心地から少し離れたところに滞在すると、

移動に時間と交通費がかかりますが、

こうやって歩く途中にいろいろな物が見ることができ

面白いです。

 

公共の乗り物に乗って動くことで、

観光客のようでなく、地元の人に混じって

現地の人になったような気分で楽しめます。

トラムに乗って20~30分ほど

昼間のようですが、この時の時間は20:17。

画面↑に出ています。

 

車窓からの風景

市の中心部が近くなると、あちこちに水路が

見えてきました。

 

 

 

トラムを降りた場所は

観光の中心地とも言えるダム広場脇。

 

目の前にはドーンと重厚な美しい建物がありました。

 

MAGNA PLAZA という垂れ幕がかかっています。

老舗デパートのようでした。

入ってみれば良かった…。

王宮

蝋人形館

 

ステキな建物に囲まれた広場で、

人もたくさんいました。

 

大道芸人のパフォーマンスも見られました。

 

一輪車に乗ったパフォーマンス

観光客がたくさん見ていました。

パフォーマーが一輪車に乗りながら、盛り上げようと

観客たちにずいぶん声をかけていましたが、

本当にいろんな国の人が集まっていました。

 

最後には高い一輪車に乗りながら火の着いたトーチを

ジャグリング。

お見事~~!!

なおりん達もしばし楽しみました。

 

国立モニュメント

 

 

 

広場を離れ、あちこち散策しに行きました。

 

お土産やお菓子や飲み物を置いているお店ですが、

天井まで高く商品が陳列されています。

さらに、天井にまでマグネットがペタペタ。
ちょっと高すぎない?
台に乗って取るのか、それとも背の高い
こちらの人たちは、手が届いちゃうのか…?

 

 

あちこち運河だらけ。

アムステルダムの地図を見ても、道かなと思ったら、

水色でどこも水路です。

水のある風景って素敵!

日が落ちてきて、逆光で撮りにくく、

空が白っぽくなってしまいましたが、

それでもどこを撮っても絵になります。

 

 

ハンバーガーの自動販売機みたいのがありました。

跳ね橋が見えます。

オランダは緯度が高いので、この時期は22:30頃でも
まだ薄明るいんです。
とは言え、翌日に備え、そろそろ戻ることにしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

翌朝、また市内に出て、まずはアンネフランクの家を
目指して行きました。

アンネフランクの像

アンネの短く、つらい人生を思うと切なくなります。

 

アンネの銅像から少し行ったところに、

アンネフランクの隠れ家

この建物を隠れ家として2年間も生活していたんだ…

なおりんや多くの観光客が立っている、この綺麗な

運河沿いにも出ることができずに…。

今やこんなに綺麗で平和な場所だけど。

どんな思いでアンネはここで日記を書いていたか

と思うと心苦しくなります。

 

隠れ家の中に入るにはチケットが要りますが、

かなり前から取らないと買えないようです。

オンラインで事前に買っておかなかったので、

外観だけを見ました。

たくさんの人々が外観の写真を撮っていました。

 

 

橋を渡ると、チューリップミュージアムがありました。

ショップでは、チューリップグッズに加え、

球根まで売っていました。

 

 

その隣には、チーズミュージアム。
こちらもミュージアムには入らず、お店だけ見ましたが、

数多くのチーズが並んでいて、試食の数もすごい!
ついパクパクと食べてしまいました(^^)。

こんなカラフルなチーズも!

すごい色ですが、天然素材で色を着けているみたいです。

青はラベンダー、ブルーベリー

赤はドライトマト、唐辛子、ビーツ

緑(黄色に見えるけど)ほうれん草、バジル

と書いてあります。

 

キャンプ旅行なのでたくさんは買えないけど、
一つだけ買ってみました。

 

 

少し歩くとマーケットを発見。

こういうローカルマーケット、大好きです。

 

フルーツも安くて美味しそう!

普段あまりたべれないラズベリーやブラックベリー…
ヨーロッパにいるうちに、いっぱい食べておこう、
と早速購入。

 

お土産になりそうなものや服、雑貨…
いろんなものがあります。

 

食べたいと思っていたオランダのミニパンケーキ・

ポッフェルチェもありました。

着物まで売ってる!

マーケット、楽しかった!

 

 

さらに街歩きする間にこんなのも。

なぜかお相撲さんがある!

市の中心地にも関わらず、この自転車の多さ。

またチーズのお店があり、

ここには、こんなチーズ製造中のタンクがありました。

オランダらしい。

カラフルで可愛い~。

今の時期、チューリップ畑が見られないので、
見れる時期にまた来てみたいです。

 

 

アムステルダム中央駅

駅も立派ですね~!

 

 

ここは、「I amsterdam」というモニュメントがある

観光スポットです。

人が多く、途切れることなく文字の横に立ったり、

上に登ったりして写真を撮っています。

 

I amsterdam の後ろにあるのが

アムステルダム国立美術館

国立美術館以外にも、I amsterdam の前方に広がる

ミュージアム広場の周りにはゴッホ美術館、

アムステルダム市立近代美術館などの美術館、博物館が

集まっています。

時間がもっとあれば、美術館巡りをしたかったなぁ。

 

I amsterdam の前で、またストリートパフォーマンスが

行われていました。

 

 

カモメが一羽

自転車、自転車…

アムステルダムでは、本当に自転車をたくさん

見ました。

街の中心部でも自転車道のあるところには
自転車がたくさん走っていて、歩くときに
自転車に気を遣いました。

こうやって線で区切られているだけなので、

知らないうちに自転車道を歩いてしまうこともあり、

危ない危ない!

でも、ここに写っている自転車も自転車道から

ちょっと外れてる…。

 

そして、どの自転車もサドルが高いこと!

世界一長身のオランダ人、足も長く、

サドルの高さが、なおりんの胴体の真ん中

くらいまであったり…

なおりんが、もし自転車をレンタルするなら

子供用かな。

 

自転車のサドルだけでなく、トラムの座席も

トイレの便器も高かったですよ~。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

キャンプ場に戻るため、トラムに乗っていたら、

旦那が急に下りよう!と。

 

なぜ下りたかというと、ちょうど

ハイネケン エクスペリエンス、ハイネケンの博物館が

あったのです。

ビール好きの旦那は、チェックしていたものの、

まあいいか、と思っていたらしいですが、

目の前にハイネケンがあったものですから、

やっぱり行きたくなったようです。

 

ハイネケンってオランダのものだったんだ…

 

ハイネケンの歴史や

ビールの製造過程を学べたりする他、

体験型ミュージアムというだけあって、

ゲームや記念写真コーナーがあったりして

結構面白かったです。

 

大きなタンク

製造過程を見るコーナーでは、

製造過程の水と麦を混ぜた段階のものを試飲。

甘い変な味の麦茶…?みたいな味でした。

 

最後のところでは、ビールを飲めます。

トータル3杯。

なおりんはビールを飲まないのですが、

ビール好きな人なら、大満足間違いなし。

 

こうしてアムステルダムでの2日間が終わりました。

 

 

オランダは、自由奔放な感じで、人々も気さくで

フレンドリーな印象を受けました。

アムステルダム、とっても素敵ないい街でした。

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ