姪、甥3人がメルボルン・オーストラリアへ。オーストラリア留学・生活体験、そんな風に海外に羽ばたこう!


今年も旧正月に韓国に行き、
いつも通り親戚達が集まったのですが、
(旦那は韓国人です)

 

今回、子供達は、うちの子供たちを含め、
姪、甥みんな集まると11人いるのが、今回は8人。
それでも、まだ人数が多いので賑やかですが、
少々静かな感じでした。

 

 

上の子達3人は、今オーストラリアのメルボルンに
いるんです。

 

一番上の姪は、韓国で1年間大学に通ってから、
ワーキングホリデーで1年間メルボルンに行き、
その後、韓国の大学に戻るよりメルボルンの
学校に行きたいと、
メルボルンで2年間勉強することを決め、
今度はオーストラリア留学という形で
再び渡豪して勉強中です。

 

そして、その子の妹も、お姉さんのように
留学したいと、メルボルンに行ったところです。

 

別の大学1年生の甥っ子は、長い冬休み2ヶ月を
利用して、気ままにオーストラリア生活を
体験しに行っています。

 

 

 

メルボルンは、なおりんが昔、
ワーキングホリデーで行き、主人と出会い、
結婚後にも3年ちょっと住んだ場所です。

 

 

彼らは、私達の影響を受け、アドバイスも
もらえたので海外を身近に感じ、
海外に出るハードルが下がったのは確かですが、

 

ひと昔前のことを考えると、
今はインターネットもあり、スマホを持ち、
現地の情報も容易に得られるようになり、
すごく楽になりました。

 

誰でも海外に出やすくなったなぁと
つくづく思います。

 

LINEやWhatsAppなどのアプリで
無料通話も可能になり、いつでも気軽にチャット、
メッセージのやり取りができるようになり
本当に便利になりましたね。

 

 

旧正月で、皆で集まっている時にもビデオ通話で
顔を映しながら話していました。

 

本当に、海外にいても以前のように遠くにいる
気がしないので、ホームシックになることも
あまりないのではないかと思います。

 

長期で海外に行くための敷居が低くなり、
ずいぶん行くのが楽になりました。

 

 

とは言え、初めて行くにはやはり勇気がいります。

 

今いる環境にそのままいるのは楽ですが、

それでも…
ちょっと勇気を出して踏み出せば、
いろいろな知らない世界が広がっていて、
いろんな経験ができ、視野が広がります。

 

姪っ子達は、他の子達より、ちょっと勇気と
意欲を持って、オーストラリアに飛び出して
行きました。

 

メルボルンでは、いろんな国の友達と出会い、
日々充実していて、とても楽しく過ごしている
ようです。

 

なおりんが昔、ワーキングホリデーで
メルボルンにいた時に、とても楽しく、
長い人生の中で本当に得ることが多く、
充実した時間だったことを考えると
想像できます。

 

 

姪っ子達が、今度会う時に、どんなに成長し、
英語も上達しているか、
楽しみです。

 

 

 

 

日本の若い人達も、もっと海外に目を向けて
いろんな経験をして欲しい…

 

今の時代、海外の情報収集、

海外にいる家族や友達とのコミュニケーション、

英語学習…など、いろいろな面で
すごく便利で楽になりました。

 

 

ちょっとの勇気とやる気、行動力を持ち、

昨日の自分から一歩前進してみませんか?

 

海外に出て視野が広がり、英語ができるように
なっていき、いろいろな国の友達と付き合っている

自分を想像してみると、嬉しくなってきませんか?

 

 

視野の広い、グローバルな感覚を持った人が
増えたらいいなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

 


留学ジャーナル別冊 未来に生きる教育を考える 小学生・中学生・高校生のための海外留学ガイド

 

 

 

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ