自然の中で飲茶を楽しめる「川龍村の端記茶樓(ソンゲイチャーラウ)」


川龍村という自然のいいところでの飲茶 !

 

自然のいい村と聞くと、どんな田舎かと思うかも

しれませんが、香港は小さいので、

観光客がたくさん集まるにぎやかなところから
電車とミニバスを乗り継いで1時間ほどで

行けてしまう所です。

 

 

 

行き方はそれほど難しくはありません。

 

MTRの赤いライン・荃灣線の終点、荃灣(チュンワン)駅で

降り、B1出口を出ます。

 

目の前の歩道橋を渡って、右手の方に下り、
左の路地に入ると、バス乗り場に出ます。

そこで、80番川龍村行きのミニバスに乗り、

わずか20分程です。

 

ミニバスに乗ると、あっという間に上り坂に入って、

ぐんぐん上っていきます。

 

街から急に自然の中に入り、田舎の雰囲気に

なっていきます。

 

ミニバスの終点に端記茶樓はあるのです。

終点なので、降り損なう心配はありません。

 

 

ミニバスを降り、右手の階段を下りて、

ずっと坂を下っていくと、左に端記茶樓があります。

 

 

到着~。

 

席に座ると、自分でお茶碗などがある場所に行き、
食器やお箸、お茶も用意します。
お茶は何種類か用意されているので、

好きなものをチョイス。

点心もせいろに入って置かれているので、

選んで取ってきます。

 

揚げ物はこちらから。

シュウマイ、餃子数種、湯葉巻き、チャーシューまん、
春巻き、クレソン炒め…など

すぐ裏にはクレソン畑が広がり、こちらのお店は、
クレソン炒めが有名です。

 

クレソン炒めを頼むには、クレソンを調理している

おばさんのところに行って、「西洋菜(サイヨンチョイ)」

と言えば、すぐに作ってくれます。

発音などが通じなければ、紙に書いて見せれば、

大丈夫でしょう。

 

 

いつも人がいっぱいです。

 

外の席も。

相席をすることも、よくあります。

 

2階の席

 

鳥かごを持ってきているおじさんがいて、横では鳥の

きれいな鳴き声が聞こえます。

 

 

写真を撮り損なってしまったのですが、
こちらの豆腐花も是非、お試しください。
大きなバケツのようなものに入っています。

 

あれこれ取ってきては食べ、豆腐花まで食べると、
お腹もいっぱいです。

 

 

 

食後は、クレソン畑の方へ散策!

 

前の駐車場の脇のところにある階段を下りていくと、

 

小川がちょろちょろと流れています。

暑い季節には、川で遊んでいる人たちも。
足をつけてみると、ひんやりと気持ちいい~。

 

 

そのすぐ先にクレソン畑が広がっています。

 

ここで、クレソンを収穫しているおばさんのところに行き、
採りたてを買うこともできますよ。
$20で、袋にぎゅうぎゅうに詰めていっぱいもらえます。

 

クレソン畑の先にさらに歩いていくと、木々の中に入り、
森林浴をしながらハイキングを楽しめます。
食後の腹ごなしに、少し歩くといいですね!

 

 

端記茶棲は、ガイドブックにも載っていることもあり、
日本人も結構行くようです、

 

 

にぎやかな市街地から1時間ほどで、ここは香港⁈という
雰囲気を味わえ、自然の中で、ローカルの雰囲気にひたり、
安くておいしい飲茶を楽しむ。

 

香港在住の方にも、観光で香港を訪れた方にも、
お勧めしたいスポットです。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ