2021年スタート〜香港のコロナ対策や最近の様子


コロナで生活が変わり、

大変だった2020年が終わって

2021年がスタートしました。

 

年末年始には、大体いつも一時帰国をし、

新年は日本で迎えるのですが、コロナで

国をまたいでの移動は容易ではないので、

今年は香港でお正月を迎えることとなりました。

 

と言っても、香港では旧正月を盛大に祝ううため、

お正月は1月1日が祝日になっているだけで、

特にこれといったことはなく、

全然正月気分もないまま淡々と過ぎ、早1週間が

過ぎました。

 

この写真のように香港の風景や自然を眺めていると、

今までとなんら変わらないように感じるのですが、

一昨年のデモと、それに続くコロナで、

いろいろなところで変化がありました。

 

年始に友人、知人にメールやLINEで挨拶したところ、

多くの人から、香港の状況はどうか?

と心配の声をいただきました。

日本のニュースで民主活動家が逮捕されたことなどが

報道されているためですね。

 

一昨年、デモが激化し、大変だった時期が

ありましたが、最近はそのようなことはなく

(声を上げられなくなったという意味で、

民主化が後退していると考えると

何とも言えませんが)、デモや民主化運動に

参加しているわけではない私達外国人が

普通に生活する分には、目に見える影響は

ありません。

 

ただ、目に見えない圧力というか、

雰囲気というか…

気持ち的な面で変化はあります。

 

以前の明るくて自由な香港の魅力が

減ってしまった気がするし、

ずっと住んでもいいなと思えた大好きな

香港でしたが、そんな気持ちが失せて

しまいました。

 

 

そして、香港のコロナの状況ですが、

こちらでも11月下旬頃からだったか、

感染者が増え、学校も登校停止になり

(我が家の子供達のインターナショナル

スクールではオンライン授業に切り替わり)、

厳しいロックダウンはしないものの、

さまざまな制限が課されています。

 

今は、公共の場で2人までしか集まれず、

飲食店では一つのテーブルに2人までとか、

午後6:00以降はテイクアウトのみなどの

制限がある他、バー、ジム、エステ、運動施設、

エンターテイメント施設、プール…などは

営業停止の措置が取られています。

 

こういった措置が取られていても、

街中はいつも人で溢れていますが、

1日100人を超えていた感染者は、クリスマス

辺りをピークに減少傾向になっています。

制限が厳しくなるとそれなりに大変ですが、

やはり数字にはその成果が現れますね。

 

日本は制限するどころか、GoToなどで

その逆をやってきたので、案の定感染者が

どんどん増えていて心配です。

 

 

また、香港では、海外から入国した人は、

自宅またはホテルで2週間強制隔離だったのが、

さらに厳しくなり、指定のホテルで3週間

強制隔離しなければならなくなりました。

 

こんななので、とても日本に一時帰国

できる状況ではありません。

 

 

香港も日本も…他の多くの国々でも…

年が明けても世界中で猛威を振るっているコロナ…

 

今年はワクチンや有効性の高い治療薬により、

早く収束することを願うばかりです。

 

まだまだしばらくはこの状態が続きそうですが、

そんな中でも前向きに、明るく、できることを

精一杯やっていきたいですね。

 

こんな状況下でも、皆さまがハッピーな年を

過ごせるよう願っています。

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話スクールNOVAのZoomレッスンでレッスン受け放題ですって!詳細はこちら↓をクリック
英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
カテゴリー
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
最近の投稿

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ