コロナウイルス対策ーー香港と日本の対応とそれによる市民の意識や行動


日本でもコロナウイルス感染が急激に

拡大してきて心配ですね。

 

日本は、政府の対応が遅く、
人々の警戒心がまだまだ低く、
混乱しているようで気になっています。

 

日本では、検査数が圧倒的に少なく、

結果として目に見えてこないので
緊張感が感じられず、
そんな中、突然、全国一斉に学校を休校にする
などというちぐはぐな対応を取っているので、
皆混乱してしまうのでしょうね。

 

 

こちら↓に、武漢閉鎖後間もない頃の香港での
様子や休校になっている学校の対応を
書いていますが、

 

香港でのコロナウイルスの影響〜学校は休校、郵便局や図書館、体育館などの公共施設もクローズ

 

コロナ新型肺炎で学校が登校停止のためオンライン授業を実施中@香港のインターナショナルスクール

 

もう少し香港の様子をお伝えします。

 

 

他の国でどのような状況になっていて、
どんな対応をしているのかを見ることは、
世界的にどんな状況にあり、
ウイルスがどのくらい厄介なものなのかを
推測するのに役立つと思います。

 

 

今の時代、インターネットでいろいろな情報が
入りますから、ニュースで報道されるものだけを
鵜呑みにせずに幅広い情報を元に、
自分で状況判断することが危機管理につながると
思っております。

 

私は香港での対応を見ていますし、
ネットで中国で一般の人が訴えているものなども
見たりしているので、
コロナウイルスが単なる風邪のような
甘いものではないと危機感を持って見ています。

普通の風邪やインフルエンザくらいで、

ここまでの対策は取りませんからね。

 

 

 

香港では武漢閉鎖後すぐに、
深刻になる前から手を打っていて、
一月下旬の春節休みに引き続き、
そのまま全小中高校、幼稚園が休校になりました。

 

初めは2月半ばまで、その後2度も延長され、
今現在4月19日まで休校になっています。
今後、また延長になるかもしれません。

(休校と言いましても、我が家の子供たちが通う
インターナショナルスクールでは
ずっとオンラインで授業をしてます。)

 

 

ディズニーランドもオーシャンパークも
武漢閉鎖後すぐに閉園、

図書館なども閉館中。
マンションのクラブハウスなど人が集まる場所も
もちろん閉鎖しています。

 

香港マラソンも即中止を発表しましたし、
公務員は緊急性ある業務以外は自宅勤務になっており、
民間企業もできる限り在宅勤務するよう
要請していました。(3月2日から公務員は出勤すると
見た気がしますので、今は出勤しているかも
しれませんが)

 

このところ、日本がようやくこういう動きを始め、

いまだに徹底しきれていない、これらのことが

もう一ヶ月以上前から実施されています。

 

それから、金銭面での補償ですが、

18歳以上の人にHK$10,000 (約140,000円)

ずつの支給が決まっており、

また、企業への税金免除などの対応も決まって

いるようです。

 

 

香港政府は、結構すぐにいろいろな対応を
しているように見えましたが、
中国との国境をすぐに封鎖しなかったため、
医師と看護師が国境付近で何日間かに渡り、
デモをしていました。
これも、もう一ヶ月以上も前の一月下旬のことです。

 

香港市民は昨年からのデモを見てもわかるように、
しっかりしているので、政府の対応が適切でない

と思えば、すぐに声を上げます。

 

その後、中国との国境のいくつかは封鎖され、
封鎖されていない残りの場所(中国本土)から
入境した人は14日間自宅待機で監視下に置かれ、
外に出ていることなどがわかれば罰金、
ということになりました。

 

それにより、中国からの入境は減り、

また14日間は自由に動けないので、

感染拡大を防ぐことができていると思います。

 

 

そして、感染者ばかりでなく、
このような自宅待機が必要な中国からの入境者
数千人の住居(アパート名とタワーまで)が
公開されていたりもし、
きちんと把握されている上、市民が見ても

わかりやすくなっています。

 

強制自宅隔離をしている人(6,000人くらい)の

住居が一覧になっている資料も出回っています。

 

また、同じようなもので、

アパート名を入れると強制自宅隔離者の住んでいる

タワーまで出てくるものもあり、
調べてみると、なんと我が家のタワーにも
自宅隔離者がおりました。

 

 

香港ではこれだけ徹底されている上、

情報もわかりやすく、きちんと入手できるので

安心感があります。

 

これくらいやってくれると安心感はあるのですが、

でも、もし日本で感染者や隔離者のエリア情報を

同じように公開したりしたら、
個人情報だとか言って、問題になるでしょうね。

 

香港ではきちんと感染経路などをきちんと管理し、

それでも少しずつ感染者は増えていますが、
そのおかげか爆発的には増えていません。

 

香港市民も今の状況を把握した上で、
程よい緊張感を持ち、行動しているように
思います。

 

 

 

今回、香港では特に大きな混乱はないように

見えますが、それでもトイレットペーパーが
入荷しなくなるという噂から、
一時期トイレットペーパーもティッシュも
店頭から消えました。日本より数週間早い時期にです。

他、お米やインスタント麺なども
品薄になっていました。

 

どこでも同じような行動を取るんですね…。

 

そのトイレットペーパーですが、
香港では1週間程前からスーパーでも薬局でも
見られるようになり、
薬局などでは店頭に高く積まれていますが、
皆すでに家に在庫があるようで、
あまり売れてないようです。

 

 

今、どのような状況にあるのか、

情報を正しく知り、行動することが大事ですね。

 

 

 

他にリアルタイムで感染者状況がわかる

下記のサイトがあるので、載せておきます。

 

世界の感染者情報↓

 

https://thewuhanvirus.com

 

香港の感染者情報↓

 

https://chp-dashboard.geodata.gov.hk/covid-19/en.html

 

https://wars.vote4.hk/en/cases/

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

今後、一気に感染が拡大されることが予想されますので、
日本の皆様、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

 

香港在住の方も引き続き気をつけていきましょう。

 

 

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ