カザフスタンのアルマティに経由便で立ち寄り半日観光し、街の雰囲気を味わいました


ヨーロッパからトルコのイスタンブールへ、
そして1カ月に旅もついに終わりです。

 

最後の最後に、もう一つのお楽しみ、
経由地のカザフスタン観光が残っています。

 

 

カザフスタンといえば、元々、あまり知らず、
知らないためにイメージだけで、
あまり安全でなさそう
とか、豊かでなく綺麗でないイメージ…
がありました。

 

ですが、何ヶ月か前、ロシアの友達が
カザフスタン、香港経由でオーストラリアに
行くということがあり、その際に香港に
立ち寄ってくれ、カザフスタンの話を聞いたのです。

 

その時にカザフスタンの湖で泳いだ、
スキーをしてきた(4月なのに)、
治安はよく、人たちは親切で、
今日泊まる場所がないと言ったら、うちにおいで
と言ってくれるほど…
などなど、

行ってみたいなぁと思う話が彼の口から

出てきたのです。

 

その時の投稿もどうぞ↓

 

ロシア人の友達が遊びに来た〜彼らのグローバルな生き方

 

 

直行便で香港に戻ると楽ですが、安い経由便を利用し、
ついでに行ったことがない街に立ち寄って、
街の雰囲気でも見ようと、旦那が経由便を探していました。

 

そして、ちょうどよいアスタナ航空・カザフスタン経由の

安い香港行きのチケットが見つかったのでした。

 

 

これにより、おまけでカザフスタンにも行ってみる
ということになったのです。

 

 

カザフスタンのアルマティにストップオーバーで
朝から夜まで半日観光する時間がありました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

トルコのイスタンブールを発ち、
カザフスタンのアルマティへ。

 

カザフスタンは中央アジアに位置しています(中国の西側)。

 

夜行便で、飛行時間は5時間ほどなので、
睡眠不足は確実、1日歩き回るのは疲れるはず
でしたが、なんとすごい朗報が。

 

アスタナ航空が「ストップオーバープロモーション」
というのをやっていて、

なんと!
なおりん達のように、ストップオーバーで滞在する人が、
ホテルを1人USD1で利用でき、
しかも航空の送迎は無料
と言うのです。

なんと有難いサービスなんでしょう。

 

 

飛行機代も安いのに、なんだか申し訳ないような

気がしながらも、このサービスを利用させて

もらいました。

 

 

早朝、空港に到着。

山々が連なっています。

ちょうど朝日が昇ってくるところでした。

お天気も良さそうです。

飛行機到着時の情報によると気温は20℃。

飛行機に数時間乗ったら、あっという間に言葉も変わり

(当たり前ですが)、看板にはカザフスタン語とロシア語が

書かれています。

そう、カザフスタンの公用語はカザフスタン語とロシア語

なんです。

 

なぜなら、19世紀前半よりロシアの支配下に置かれていた

からです。
その後、ソビエト連邦崩壊後の1991年、

カザフスタン共和国として独立したのです。

 

 

 

空港に迎えに来てくれた車に乗り込み、予約しておいた

ホテルへ。

車窓からも山が見えます。

結構標高の高い山に囲まれた街なんですね。

 

4月にロシア人の友達がカザフスタンを経由しながら

香港に来た時には、カザフスタンでスキーをしてきた

と言っていましたけど、スキーをできるような山が

近くにあるんです。

 

アルマティの標高もそこそこ高いようで、

到着時の機内の画面に、標高660mと書かれていました。

 

 

今回、半日しかありませんでしたので、

市内観光で終わってしまいましたが、ちょっと離れると

自然の素晴らしい場所がたくさんあるようです。

 

 

いくつか選べる中から選んだホテルは、観光するのに

立地の良いカザフスタンホテル。

US$1で利用できるこのプロモーション、

さらにいいことは、通常のチェックイン、チェックアウト

時間でなく、到着時に合わせて朝7:00〜夜7:00まで

お部屋の利用が可能で、朝食も付きました。

なんて素晴らしい!

 

お部屋からは、こんな眺め。

後で行くKok Tobeと言うところです。

もう一部屋、反対向きのお部屋からはこの景色

まずは朝食を取り、あまりに寝不足なので、一眠り

しました。

 

 

それから街歩きに出ました。

 

まずは、グリーンバザールに向かいました。

アルマティで一番大きな市場です。

きれいに山積みになってます。

肉売り場

緑色の看板には馬の絵が。

馬肉を普通に食べるようです。

お顔が!

カザフスタンには、かつて移住させられた高麗人と言われる

朝鮮民族が多く定住しているとのことで、

彼らがキムチや韓国のお惣菜を売っていました。

韓国のこういう売り場で売っているものとは、ちょっと

違う感じですが。

韓国の調味料なども。

かなり広いマーケットです。

生のざくろを絞ったザクロジュースを買ってみました。

フレッシュで果汁100%、甘酸っぱくて美味しかったです。

 

ここはランチを食べたレストランです。

入口で串焼きを焼いていました。

この薪を使って炭火焼き

お肉と野菜の串焼き

野菜はトマトやピーマンが丸ごと刺さっていて豪快!

 

 

食後、スーパーに行きました。

スニッカーズとか、見たことあるチョコレート菓子の

ドリンク版がずらり。

一番下の棚にキッコーマンがありました。

2153カザフスタンテンゲ (約658円)。
高い!

こんなに小さい瓶なのに。

お醤油は小さい瓶のものしかないし、

あまりメジャーではないのですね。

 

お惣菜売り場は結構充実していました。

 

街は人も少なく、静かです。

スーパーに日本食材はあまり見えませんでしたが、

日本車はたくさんありました。

ざっと見たところ、半分くらいは日本の車だったようです。

バンフィーロフ公園です。

すごい数の鳩

公園内にあるゼンコフ正教会

1904年に建てられたロシア正教の教会ですが、

修理中で、建物全体や教会内部は見学出来ず、

ちょっと残念でした。

リスだ!

綺麗に整備され、ゆったりとくつろげる公園でした。

 

 

絵などが売られています。

アルマティの目抜き通りであるこちらは歩行者天国に

なっていて、綺麗で、ゆったりと歩くことができました。

それにしても、ここにも人がそれほどいない…

人口自体が少ないんでしょうかね。

デパートがあったので入ってみましたが、やはりお客さんが

少なくガラガラでした。

 

カザフスタンの民族衣装でしょうか。

 

 

この後は、メインの観光スポット、コクトベという

ロープウェイで上がり、市内を展望できる所へ行きました。

コクトベとは「緑の丘」という意味だそうです。

 

ロープウェイ乗り場へ。

ロープウェイに乗り込み、上がっていきます。

眼下には、家々が見え、カザフスタンの家がどんな感じかを

垣間見ることができました。

上には観覧車があったり、他にも遊ぶものが

いろいろありました。

なかなか良い眺望です。

これは手動のジェットコースターとでも言えばいいか…

手でレバーを引いて、スピードを調節しながら、

斜面を下って行きます。

ゆっくりゆっくり進んでいる人もいましたが、

娘と息子は、かなりのスピードでした。

後で聞いたらスピード全開だったそうで…

 

なおりんも乗ってみましたが、カーブで結構スピードが

出た時には、車輪が外れないか、とか余計なことを

考え、…いえいえ、それ以前に単純にスピードが出て

怖かったのでスピードを制御してしまいましたが。

自然の地形を上手く利用した楽しいアトラクションでした。

そして、これは引っ張って引っ張って離し、上空に

ビヨーンと飛ぶもの。

怖いもの知らずの娘は、やりたーい!

と言い、トライ。

背後には万年雪が残った山々の美しい景色が見えます。

今回、利用させたもらったカザフスタンホテル。

ロープウェイから撮影。

 

人々は私たちと似たようなアジア人とヨーロッパ系

(ソ連時代の名残り)で混じり合っていました。

治安はいい感じでした。

イスタンブールだとアジア人は目立ちますが、

ここでは見た目ではあまり違和感なく過ごせました。

 

 

最近まで観光ビザが必要だったカザフスタンですが、

2017年よりビザが不要になり、行きやすくなりました。

おかげで、経由でちょこっと立ち寄り、街の雰囲気を

見ることもでき良かったです。

長く滞在するなら、スキーもできるというので、

また違う楽しみ方もできそうです。

 

 

 

これにて1ヶ月のヨーロッパ、トルコ+カザフスタンの

旅が終わりました。

 

 

もうすぐ香港に到着。

高層ビルがニョキニョキ。

下に見えているのは香港です。

 

 


🇭🇰香港の観光ガイドブック、香港ハイキングガイド、子連れ海外旅行ガイド、他、英会話学習ブック、広東語の基本を学べる本はこちら⬇️をご参考にどうぞ😊👍

プロフィール
kaigaiなおりん

kaigaiなおりん

十数年前、オーストラリアで韓国人の主人と出会い、息子、娘の4人暮らしです。以前、韓国、オーストラリアにも住み、現在は香港に在住しています。

続きはこちら

英会話ができると海外旅行も✈️もっと楽しくなる👍😄!安く、自宅で気軽に始められるオンライン英会話はこちら⬇️⬇️⬇️
コロナ禍の今だからこそ、有意義に時間を過ごしたい。さぁ〜何を始めよう⁇

最近の投稿
*こちらの記事もどうぞ* グローバルな生き方
カテゴリー

ビジネススキル、IT、デザインを始めマーケティング、写真、パーソナル&ファミリーライフなど6万コースをオンラインで学べるオンライン学習プラットフォームです。



 

ページの先頭へ